美容液を買ってみた結果・・・
  • HOME >
  • ニキビも立派な皮膚病です。 ニキビなんぞで皮膚

ニキビも立派な皮膚病です。 ニキビなんぞで皮膚

ニキビも立派な皮膚病です。
ニキビなんぞで皮膚科に診て貰うのも、と少し尻込みしてしまいがちですが、皮膚科を受診すると早くよくなりますし、ニキビ跡もできにくいです。その上、自分で薬局などでニキビ薬を買いもとめるよりも安く治せます。ニキビというのは再発しやすいお肌のトラブルです。症状が治まったからといって不摂生や暴飲暴食などを行っていると、また繰り返しニキビができてしまいます。
ニキビの再発を予防するには、お肌を清潔に保つようにし、バランスの悪い食生活をせず、たっぷりと睡眠を取る事が重要だと思っています。
どうしてニキビができるのかという理由のひとつに、乾燥ということがあります。

肌の余分な油脂が理由じゃなかったの?と疑問に感じている人も少なくないでしょう。



当然、余分な油脂による毛穴の詰まりも原因のひとつなのは本当ですが、だからといって過剰に油脂を落としすぎると、今度は乾燥した肌になり、それがニキビができる原因となってしまうのです。お肌の手入れには保湿がもっとも大切なことです。入浴中は水分がお肌からどんどん流れ落ちていきます。肌を乾燥から守るために、化粧水と乳液を使用した後に今度は保湿クリームもつけることを推奨します。夜に保湿クリームを用いると朝まで潤いある肌がつづき、メイクが肌になじみます。ニキビになりやすいとお悩みの方には体質をより良く変える事を御勧めします。

ニキビができる要因としては甘味や脂質が多い食べ物を摂取する事が考えられます。それらを少しも食べないというのは辛いですが、野菜や発酵食品などをふんだんに体に取り入れる事によって消化能力が上がり、体質改善をも持たらします。乾燥肌の人はとにかく保湿することが大切です。
とにかく保湿は外からも内からも実施して頂戴。


外からとは、肌に直接水分補給を行って、保水をするということです。
顔を洗う際には刺激の弱い洗顔料を使用するか、洗顔料なしでぬるま湯によって軽く表皮に付着した汚れを流すようになさって頂戴。
顔を洗い終わったら、すぐに保湿することを忘れないで頂戴。
乾燥肌のため、肌の手入れにはオイルを使用しています。

オイルマッサージを行ったり、オイルパックを利用したり、そして、クリームの変りにオイルを使用しているので、乾燥とは無縁の肌になりました。
いつも潤いのある肌になれて大変嬉しく思います。大人の肌にふさわしい肌ケアをするようになって実感することがありました。

肌がピーンと張っていた人より、ぷるん&モチモチッとした肌のほうがシワが出にくいのです。


だからといって油断しているとすぐ、目尻や口周りなどにシワが出るので今現在シワがなくてもしっかり手入れしなくてはいけません。私も夏に炭酸水洗顔を始めて、秋からいままで市販の炭酸パックを使っていますが、パック後の肌のプルプルが長く維持できるようになってきてから古いベールが一枚落ちたような感じで肌がきれいになり、目尻や法令線が気にならなくなりました。肌ケアって、できるときにしておくべきですね。


スキンケア中にふと鏡を見てふとした思いつきがありました。
それはこういうものでした。柔らかい質の肌にはしわも中々できにくいのではないでしょうか。

目の周りの細かいしわだとか、年々濃くなっていく気がするほうれい線はこれは仕方がない、と半分あきらめつつ、気になっていた訳ですが、ちょっと前から炭酸パックを試していて、なぜかですが、肌の柔らかさを感じられるようになったあたりからしわは、それほど目立たない感じになってきたようでした。



炭酸パックとしわの消失、関係あるのでしょうか。肌のハリが失われ、シミも増えたしシワも深まるし、などとなんてことを、鏡を見ながら考えるようになったら、思い切って毎日摂っている食事を変えてみるのがいいかも知れません。食べ物が変わると、それ相応に肌も変わってくるでしょう。
シワ、シミをはじめとする各種肌トラブルについても、薄くなるなどの改善がみられるようになりそうです。


毎日たべる食事の質が、私たちの身体の質を決めるのです。これは、家でしっかりとおこなえる、最強のアンチエイジングかも知れません。

何らかの効果は必ずありますから、それが肌に表れるのを楽しみに待ちましょう。

関連記事はコチラ

メニュー